Top > キャラクター
HTML convert time to 0.010 sec.


キャラクター

Last-modified: 2009-07-09 (木) 23:43:05

デーヴァ

Deva_神々しい神の子息 神が使わした光の使徒。

ガイアを救済しに地上へ下りた使者の末裔が、地上に定着し、「デーヴァ」という種族となった。過去、強大な神の魔力を所有していたが、地上での長い生活によりその能力を失った。しかし長老などの少数の指導者達はいまだその強大な魔力を秘めている。

デーヴァ族は、過去のある事件をきっかけに自分たちとの都市を立て、天空に浮かべガイア族との交流を断絶したまま、1千年近い時を過ごした。その途中、魔女事件をきっかけに再び人間界に姿を現し始めた。しかし、表面上ではそう語られているが、実際にはアシュラ同様、色々な秘密を持っている種族である。

光を象徴するように、皮膚は白く、髪は金色の者がほとんどで、軽くて薄い布の衣装を好み、戦闘時には金属材のアーマーを着用する。

攻撃に長けているというよりも、敵からの攻撃を防ぐなど、防御力に長けており、主に光の魔法を扱う。デーヴァの上級騎士はヒーリング系の魔法も一部扱うことが出来る。

攻撃魔法よりも、仲間を支援する魔法など、能力を上げる補助魔法を得意とする。

主属性 光属性
副属性 水、土属性
種族共通スキル マイナーヒーリング(自分のHPを少量回復する。)

初期ステータス
体力素早さ知力精神集中
101010101010

JOBツリー

ガイド +(戦士)- ファイター +- ナイト
       |                   +- ウォリアー
       |
       +(術者)- クレリック +- メイジ
       |                   +- プリースト
       |
       +(召喚)- テイマー   -- ブリーダー

アシュラ

Asura_闇の神の使徒 光とは相反する闇よりの使徒。

闇の神より地上へ使わされた使徒。この世界では光と闇の両方が「神聖」なもので、光は全てが始まる創造を生み、闇は全てを無に帰す消滅を生むが、どちらも均衡を保つために重要な宇宙の原理である。

すなわち、アシュラは消滅を担う闇の神が人間界に送った使徒の末裔である。

デーヴァが天空に町を浮かべ、外界と断絶をはかったと同様、アシュラも町に結界を張り、外部との交流を遮断していたが、デーヴァと同じく魔女事件以降、再びガイアの前に現れた。

暗闇を象徴するような灰色の皮膚と、それに合う濃い藍色の髪を持つ。皮材質のタイトな服や、重そうな皮のローブを好んで着用している。

アシュラ族は素早い動きが特徴で、敵に気付かれることなく素早く近づき、目にも止まらぬ剣さばきで攻撃することを得意とする。闇の魔法を扱い、「消滅」と相通する「破壊」の魔法の扱いに長けてはいるが、回復系魔法はあまり得意ではない。

主属性 闇属性
副属性 火、風属性
種族共通スキル ディップイベイジョン(短時間、回避が大幅に上昇する。)

初期ステータス
体力素早さ知力精神集中
101010101010

JOBツリー

ステッパー +(戦士/弓手)- ストライダー +(戦士)- アサシン
           |                          +(弓手)- レンジャー
           |
           +(術者)------ マジシャン  +------- ソーサラー
           |                          +------- ダークマジシャン
           |
           +(召喚)------ サマナー     -------- バトルサマナー

ガイア

Gaia_強靭な力と自然を操る種族 遥か昔より地上に存在する種族。

ガイア族の先祖の古代人達は、高度な文明を築いていたが、神の審判が下され滅亡した。そしてその子孫には永遠の「愚鈍の呪詛」が科せられ、古代人の文明に比べると、かなり原始的な生活を強いられることになった。

しかし、神の使徒であるデーヴァとアシュラが人間界に現れ、ガイア族に文明を伝授し始めてから武器と魔法を扱えるようになり、今の文明が築かれた。

ある事件により、デーヴァとアシュラはガイアから離れ、その後、約1千年もの間、ガイアは独自の文明を発展させてきた。その過程でデーヴァやアシュラとは違う、独自の文化を持つようになった。

元々大陸の北と南に分かれて住んでいたが、南のサイラグが滅亡して以来、ガイア族は主に大陸の東側で生活をしている。

外見は東洋人と同じで、衣装や建物、生活様式なども現在の東洋文化に似ている。魔法や戦闘技術も東洋風だが、その元を辿れば、結局デーヴァとアシュラから教わったものの発展型であるため、名称こそ違うが、大きく異なるわけではない。

主属性 無属性
副属性 火、水、風、土属性
種族共通スキル 精神統一(短時間、クリティカル率が大幅に上昇する。)

初期ステータス
体力素早さ知力精神集中
101010101010

JOBツリー

放浪者 +(戦士/弓手)- 闘士   +(戦士)- 重戦士
       |                        +(弓手)- 狩人
       |
       +(術者)------ 呪術師 +------- 魔道師
       |                       +------- 魔闘士
       |
       +(召喚)------ 野獣士 -------- 魔獣士

各職特徴

(初心者ガイドページと同じもの)

デーヴァ
共通スキル マイナーヒーリング(自身のHP少量回復)
【戦士】 防御能力に特化 弱い自己回復と攻撃魔法を使用

  • ファイター
    3種族の前衛の中では最も耐久力に特化したタンクタイプ。
    戦い方はスキルコンボ(通常攻撃→スキル→通常攻撃→スキル→)が重要
    耐久力に長けたタンクタイプの前衛。前衛の中では素の攻撃力は低め。
    盾の扱いに長けたナイトと、両手武器や二刀流に長けたウォリアーが二次職。
  • ナイト 防御力が全職中最高で半端な攻撃は寄せ付けない。スキルコンボによる手数の多さも魅力。
  • ウォリアー ナイトよりやや防御力が低いが攻撃力は高い。ソロも無難にこなす

【術士】 回復魔法とbuff(支援魔法)に特化。主に明属性魔法を使用し補助的に水&土属性魔法を使用

  • クレリック
    全職業の中で最も支援、回復に長けた職業でPTに必須な存在。
    自身で能力を高めつつ回復も出来るため、ソロも安定してこなせる。
    ただし、各種スキルカードが全職業一高いという難点を持つ。
    攻撃魔法の多いメイジ、支援魔法の多いプリーストが二次職。
  • プリースト 上級の回復、buff能力を持ち、物理攻撃、魔法攻撃どちらもそつなくこなす。
           PTプレイ時には欠かせないキャラ。
  • メイジ 回復ではプリーストに一歩及ばぬものの、逆にdebuff・攻撃魔法は充実。
         buff性能ではプリーストとほぼ同等の能力を持つ神聖魔法士

【召喚士】

  • テイマー 
    自分/他人のペットを強化するbuff魔法が使える召喚士。
    ペット職の中では最もペットの支援、回復に長けた職業。
    ブリーダーが二次職。
  • ブリーダー  クリーチャーを保護して回復する技術が3種族召喚士中最も発達している。
          自身は物理・魔法攻撃どちらもそつなくこなし、召喚クリーチャーによってプレイスタイルが変化

アシュラ
共通スキル ディップイベイジョン(短時間だけ回避が大幅上昇)

  • ストライダー 
    3種族の前衛の中では最もスピード感に優れた職業。自身のヘイトを減らせるスキルも有る。
    手数と回避と機動力に長けた前衛で、石弓の扱いにも長けています。
    二刀流や双短剣に特化したタイプのアサシンと、石弓の扱いに特化したレンジャーが二次職。
    • アサシン(戦士) 防御は戦士職の中では最も低いが、双短剣(又は二刀流)を主に使用した
                手数の多さが特徴。唯一隠身が可能
    • レンジャー(ハンター) 防御はアサシンよりさらに低いが、足の速さは全職中で最速。
                   射程が短く連射が利く石弓を主に使用し、ソロも無難にこなす。

【術士】 高い攻撃力が特徴。主に闇属性魔法を使用し、補助的に火&風属性魔法を使用

  • マジシャン 
    多彩な攻撃魔法を駆使して戦う遠距離型の職
    debuff魔法・攻撃魔法は全職比較すると一番、詠唱時間・再詠唱が短い物が多い。
    全職業の中で最も攻撃魔法に長けた職業。
    攻撃魔法に特化したソーサラーと、相手の能力低下(debuff)に特化した魔法戦士型のダークマジシャンが二次職。
  • ソーサラー 強力な対人魔法と範囲魔法を使用する攻撃型魔法士。
           対人・ソロともに性能は高い方
  • ダークマジシャン 強力なdebuffと持続ダメージ魔法を使用
              多様な妨害魔法で格上の敵とも戦え、近接戦闘も可能な呪系魔術士。
              ソロ性能も高い。

【召喚士】 

  • サマナー 
    クリーチャーのヘイトを管理できる。
    ペットを使った特殊なスキルが多い魔法戦士タイプの職業。
    バトルサマナーが二次職。
  • バトルサマナー クリーチャーの攻撃力を3種族中最も高めることが出来る。
             自身は戦士と術士の中間のスタイル。
             クリーチャーと互いにHP、MPをやり取りできる共生関係にあり
             クリーチャ犠牲スキルを使用したりもする。
             召喚クリーチャーに因ってプレイスタイルが変化する。



ガイア
共通スキル 精神統一(短時間だけクリティカル率が大幅上昇)

  • 闘士 
    3種族の中では最も瞬間火力に特化した前衛職。斧や長弓の扱いに長けている。
    斧の扱いに長けた重戦士と、長弓と罠の扱いに長けた狩人が二次職。
    • 重戦士 防御力は戦士系の中では中の上。両手斧または双斧を使用し強力なダメージを叩き出す。
           1発のダメージは前衛の中では最強。
    • 狩人(ハンター) 防御はアサシンと等しく、遠距離職としてはそこそこ耐久性はある。
                動作は遅いが射程が長く一発のダメージが最も高いを長弓を使用する固定砲台。
  • 呪術士 
    3種族の魔法系の中では最も瞬発力のある職業。
    ガイアの瞬発力と術士のbuff・debuffを身に付けた良いとこ取りでもあり器用貧乏でもある。
    接近戦から支援や回復まで幅広くこなす万能型の職業だが、ソロでは万能故に際だった長所がないとも。
    足止めや回復魔法に長けた魔導師と、接近戦能力が向上した魔闘士が二次職。
  • 魔導師 各種自然魔法とbuff魔法等を身に付けた万能術士。
         攻撃、buff、回復、debuffを全て使用でき、突出したものはないがPTに一人は欲しい。
  • 魔闘士 各種自然魔法とbuff、回復魔法等を身に付け体力も若干高い
         戦士に近い術士。

【召喚士】

  • 野獣士 
    3種族の召還職の中では最も自己火力に長けた職業。
    瞬発力に長けたペット職で、接近戦が得意だが回復や支援は不得手。
    魔獣士が二次職。
  • 魔獣士 クリーチャーの攻撃力、防御力を様々に活用できる独特な魔法を使用
         自身は双斧または両手斧を使い戦士に近いスタイル。
         召喚クリーチャーに因ってプレイスタイルが変化するが、中でも前衛系ペットと相性がよい。

ステータス

ステータス上昇値
弓は弓装備時の値。
ステータスHPMP攻撃命中魔力防御回避攻速魔命魔防魔抵詠唱重量Cri率
力+1//+2
(弓+3/8)
/////////+10/
体力+1+30////+2////////
素早さ+1//////+0.5///////
知力+1/+30//+2/////////
精神+1////////+3/8+2+0.5///
集中+1///
(弓+13/8)
+0.5////+1/8/////
幸運+1/////////////+0.2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 集中は3振らないと命中1あがりませんね -- うむ? 2009-01-03 (土) 18:07:13
  • どういう状況かわからないがこちらが試したところ2につき1あがるのは確認済み。  LVによって違う? -- 2009-01-06 (火) 08:57:22
  • ステータス上昇値、修正・追記しました。集中はおそらく2上げると命中1上がるはずですが// -- 2009-01-22 (木) 10:02:05
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White